スーパーイソフラボン「エクオール」!?キレイになる究極成分とは?

大豆イソフラボンは女性ホルモンのはたらきをサポートして、女性のキレイを活性化してくれる、というのは有名な話です。

その大豆イソフラボンの中にもいくつか種類があって、その中で一番吸収されやすく、パワーが強いのが「タイゼイン型のイソフラボン」です。

そしてその「タイゼイン型のイソフラボン」が最も効果を発揮するのが、エクオールというスーパーイソフラボンに変換されたときなのです。

エクオールの効果は、大豆イソフラボンの中でもっともパワーが大きいゲニステインよりも、さらに大きいです。

エストロゲンを助ける効果が一番高いです。

ただし、誰でもエクオールの恩恵を受けられるわけではありません。

エクオールヘの変換能力には個人差があるからです。

大豆をよく食べる国の人間は、エクオールへの変換能力が高いということがわかっています。

でも、能力に関係するエクオール産生菌の研究が活発に行われるようになったのは、つい最近のことです。

その研究により、徐々に事実が明らかになってきました。

まず、エクオール産生菌を持った人の割合は、大豆やその加工食品をとる国の人間のほうが高い。

日本人の場合、約50%の人が、エクオールを作れるとされます。

これを多いとみるか、少ないとみるか。

イソフラボンのサプリメントをとって、効果を感じる人と、感じにくい人がいるのは、このエクオール産生能力の違いが1つあります。

日本人でも、エクオール産生菌を持っていない残り半分の人たちは、エクオールを産生できていません。

大豆製品の摂取頻度、量ともに低くなりがちな若い世代では、20~30%しかエクオールを産生できる人がいない、とまで言われています。

個人差があるということがわかったというところで、じゃあ、どうやって、自分はスーパーイソフラボンであるエクオールを作れるタイプなのかどうか、というのが知りたいところですね。

これは検査キットを使って調べることができます。

2つの検査キットが主に流通しています。

ソイチェック

検査前日の夜に大豆製品かイソフラボンサプリメントをとって、翌朝に検査キットで尿をとり、郵送すると、1~2週間で結果が届きます。

株式会社ヘルスケアシステムズ

名古屋大学発のベンチャーによる検査キットです。

食品機能性研究の第一人者である大澤俊彦教授チームにより設立されています。

これも検査は同じ方法。

郵送される結果には、5段階評価でエクオール産生能力が表かされています。

大事なことは、エクオール産生菌が腸内に住んでいるかどうか。

エクオール産生菌がいないと、どれだけたくさん大豆を食べても、尿内にエクオールは出てきません。

少しでもエクオールを作る能力があれば、腸内環境を改善し、日常的に大豆製品を多くとることで、産生能力を高められると言われています。

せっかくイソフラボンを摂取しても、エクオールを作れなければ、望む効果は得られないかもしれません。

まずは自分の状態をチェックしておきたいですね。