大豆イソフラボンと女性ホルモン!?その関係性は?

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするとされ、女性の美容と健康に役立つ成分として知られています。

でも、大豆イソフラボンにも、いくつかの種類があり、それによって、効果が異なるんですよ。

美容と健康のために、大豆イソフラボンのサプリメントを試してみたけれど、あまり効果を感じられない・・・という場合は、その効果の差のせいかもしれません。

大切なのは、効果の高い大豆イソフラボンで、かつ自分に合ったものを選ぶことです。

大豆イソフラボンのタイプと、はたらきの違いを確認しておきましょう。

大豆に含まれているイソフラボンは、「グリコシド型」と言われる、糖がくっついた状態のイソフラボンです。

これは、このまま飲んでも吸収されます。

消化の過程で、腸内細菌により糖が外されると、小さくなって、吸収されていきます。

その一方で、味噌や醤油などに含まれているイソフラボンは、そういう腸内細菌の力を借りずとも、つまり糖を外さなくても、体にシュウッと吸収されていきます。

吸収の妨げになる糖が、外れた「アグリコン型」と呼ばれるイソフラボンだからです。

すでに吸収出来る小ささなので、消化機能の助けを借りずとも吸収できるので、効率よくイソフラボンを摂取できます。

これはなぜかというと、味噌や醤油を生成する過程で生まれる麹菌により、糖が外されるからです。

これはイソフラボンの状態による違いのお話。

体に吸収されるアグリコン型のイソフラボンには、体内で女性ホルモンであるエストロゲンを感知するセンサーと結びついて、効果を発揮します。

エストロゲンの受容体にイソフラボンが結びつくと、エストロゲンの信号を補ってくれるのです。

さらに、エストロゲンが多すぎると、エストロゲンの信号を弱くしてくれるはたらきもあるといわれています。

強すぎず、弱すぎず、ちょうどいいパワーで女性のキレイを助けるようにしてくれるのです。

ただ、このエストロゲンの代わりとしてはたらくパワーの強さは、種類によって違いがあります。

イソフラボンそのものの中にも、違いがあるのです。

3つの種類があって、ゲニステイン、タイゼイン、グリシテインというものがあります。

それぞれはたらきに違いがあります。

グリシテインには、女性ホルモンであるエストロゲンをサポートする働きは、実はありません。

エストロゲンを最も強力にサポートしてくれるのがゲニステインです。

ダイゼインはマイルドなパワーです。

こうみると、大豆イソフラボンを摂取して、女性のキレイを最大限サポートするには、アグリコン型のゲニステインが最適に思えます。

でも、ほんとうのところはちょっと違います。そのヒミツは、最近注目されている「スーパーイソフラボン」と呼ばれるエクオールの存在です。

次の記事で、そのエクオールについて、くわしくみていきましょう。