女性をキレイにするのはイソフラボン!?その効果とは?

女性の健康、美容の強い味方として知られているのがイソフラボン。

サプリメントの成分としてもおなじみですね。

イソフラボンはポリフェノールの1種で、大豆などさまざまな植物に含まれています。

イソフラボンは、とくに女性に嬉しい効能があるポリフェノールとして知られています。

女性ホルモンと似た働きをするので、女性の美容と健康をサポートしてくれるのです。

いろいろなサプリメントが販売されているイソフラボンですが、選び方によって、効果に差があることをご存知でしたか?

最近では、「スーパーイソフラボン」と呼ばれるサプリメントも出ていて、メディアで話題になっています。

一口にイソフラボンと言っても、そのパワーはいろいろ。

その違いについてみていきましょう。

イソフラボンのサプリメントを使ってみたけれど、効果が無かった、と感じている方は、もしかしたら製品選びで間違っていたのかもしれませんよ。

効果を引き出すためには、自分に合ったイソフラボンを選ぶことが大切なのです。

サプリメントの成分で、医学的な実証事件や行われているものは、それほど多くありません。

大豆イソフラボンは、その中でも、比較的、研究されている成分ではあります。

だから大豆イソフラボンは、いろいろな効果があることがわかっています。

イソフラボンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た形をしています。体内でエストロゲンを助ける働きをしていて、それにより、さまざまな効果が期待されます。

更年期前の女性への効果

ホルモンバランスを改善し、お肌の調子、シワを改善する効果が期待されています。

更年期、更年期以降の女性への効果

代表的な更年期症状の「ホットフラッシュ」などを緩和したり、LDLコレステロールを低下させたり、骨密度低下を予防したり、II型糖尿病を予防させると期待されています。

イソフラボンは女性のための成分、というイメージがありますが、実は男性に対してもよい効果があります。

たとえば、LDLコレステロールを低下させ、前立腺肥大、前立腺がんを予防すると期待されています。

薄毛を防ぐのにも効果的と言われていますね。

いろいろな効果があるイソフラボンですが、そのイソフラボンの中にも、いろいろ種類があります。

たとえば、イソフラボン自体の形が違います。

ゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインという3種類があり、それぞれに、配糖体が付いた「グルコシド型」と配糖体が外れた「アグリコン型」があります。

大豆に含まれているイソフラボンの多くは、ゲニステインとタイゼインに配糖体がついた状態です。

配糖体がついていると、イソフラボンは大きくてそのまま吸収されないので、外してあげて、アグリコン型にしないといけません。

これは麹菌による発酵、腸内細菌の作用などによって行われます。

ただし、腸内細菌でグリコシド型のイソフラボンを吸収できる割合はあまり高くないので、麹菌がはたらいている味噌でイソフラボンを取るのが効率的な摂取方法です。