フケやかゆみはアレルギーが原因!?その対処法とは?

女性のキレイをサポートしてくれるイソフラボンは、日常的に摂取したい成分です。

日常的にというと、食事から取り入れるのがおすすめの方法。

サプリメントによる過剰摂取が気になる方は、食べ物でイソフラボンを摂取するようにしましょう。

イソフラボンをたっぷりとれる、おすすめのレシピをご紹介します。

~イソフラボンたっぷりホットケーキ~

豆腐と豆乳でつくれるイソフラボン入りホットケーキです。

ノンオイル、ノンエッグでヘルシーなホットケーキです!

豆腐を入れると、ふわもち触感になりますよ。

材料(1人分)

豆腐 200g
豆乳 200cc
ホットケーキミックス 200g
ココナッツオイル 適量
ジャムやハチミツやメープルシロップ お好み

作り方

①ボウルに豆腐と豆乳を入れ、泡だて器でよく混ぜます。

②ホットケーキミックスを加えてよく混ぜる。フライパンを弱火にかけて、ココナッツオイルを溶かして広げます。

③ホットケーキのタネを半分フライパンに流しいれ、丸く広げます。ごく弱火で蓋をして焼きます。

④片面が焼けたらひっくり返してもう片方も焼きます。焼けたらお皿にもって、お好みではちみつやメープルシロップをかけます。

⑤残りのタネも焼いたら、できあがり。

~大豆ピラフ~

チャーハまでの下ごしらえ30分で、大豆を汁ごと食べられるピラフができるという、すぐれもののレシピです。

イソフラボンを丸ごとたっぷり摂取できます。

イソフラボン好き、大豆好きには嬉しいレシピ。

炊飯ジャーで簡単に作れるというのもポイントです。

材料(米2合分)

米 2合
大豆 100g
みじん切り玉ねぎ 小1/2コ分
ツナ缶 1かん
コンソメ 1個
塩コショウ 3振り
ニンニクチューブ 2センチ

作り方

①大豆100gを熱湯210㏄で30分蒸らします。
ラップしてタオルで包むとより上手に蒸すことができます。

②炊飯ジャーに、米をいつもの水加減から、大さじ2杯減らした量を入れます。

③炊飯ジャーにみじん切りの玉ねぎ、ツナ缶汁ごと、コンソメ、塩コショウ、ニンニクを入れます。

④30分蒸らした大豆を炊飯ジャーに汁ごと入れます。スイッチオン。
炊けたら出来上がりです。

トッピングには、塩ふき昆布かしそひじきがよく合います!

~豚肉と納豆のチヂミ~

納豆は苦手・・・という方でも食べやすい納豆レシピです。

ひきわり納豆を使う成果、あまり「納豆納豆」していません。

「あれ、納豆入っているのかな・・・?」くらいの気分で、気軽に食べられますよ。

材料(1人分)

ひきわり納豆 1パック
ニラ 20g
小麦粉 25g
水 35ml
豚バラ肉 3~4枚
ごま油 適量

作り方

①にらは3㎝に切り、豚バラ肉は10㎝に切ります。

②豚バラ肉以外の材料をボウルに入れて、よく混ぜ合わせます。

③フライパンにごま油を引いて、切った豚バラ肉を並べて片面を焼きます。

④②を載せて形を整え、中火~強火で焼きます。
すぐ火が通るので、焦げてしまわないように注意。

⑤焼き色が付いたらひっくり返してもう片方も焼きます。

⑥両目焼けたら、一口大にカットして、できあがり。
酢醤油、ポン酢などがよく合います!