フケやかゆみの原因は?あなたの頭皮は大丈夫!?

フケや頭皮のかゆみがあると、イライラして嫌なものです。

冬は空気が乾燥しているので、お肌も乾燥しやすいものですが、そのせいか、フケや頭皮のかゆみもひどくなりがちなようです。

フケもかゆみも、頭皮が不健康になっているサインです。

放置していると、頭皮が炎症を起こして、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

フケとかゆみの原因を知って、早めに対策を取るようにしましょう。

フケとは、頭皮の角質細胞がターンオーバーで剥がれ落ちたものです。

表皮から細胞が剥がれ落ちると、フケになります。

だからこれは、健康な状態の頭皮でも起こります。表皮の角質細胞のターンオーバーは、正常なときの場合は、肉眼では見えないほどの大きさです。

だから、頭皮が健康な状態なら、見えないものです。

でも、ターンオーバーが異常な状態になると、フケは大きくなって、目に見えるようになっていきます。

フケが発生する原因としては、いくつかのパターンがあります。

代表的なのは以下のものです。

・脱脂力の強いシャンプーを使っている
・先発するときに爪でひっかいて頭皮に傷をつけてしまっている
・シャンプー剤が頭皮に残って炎症を起こしている
・パーマ液やカラー液による頭皮への刺激
・睡眠不足や疲労、ストレスによる体調不良
・頭皮を不潔にしている
・食生活の方より
・真菌の感染

フケには「乾性」と「脂性」の2種類があります。

乾性とは、乾いたフケのことで、皮脂の分泌が悪くて、粉状になっているものです。

脂性は脂を含み、しっとりしていて、頭皮の皮脂腺が多いとか、皮脂が分泌異常を起こしているときにできます。

脂性のフケの場合、脂漏性皮膚炎になっている可能性があります。

脂漏性皮膚炎は、新生児の赤ちゃんにはよくできるものです。

赤ちゃんにできるものなら、放っておくと成長と共になくなりますが、大人になってから出来る場合は要注意。

皮脂の量的な異常だけではなく、質的な異常が原因となって起こるものですから、これを解消してあげないと治ることはありません。

皮脂の異常とは、発汗機能の異常、ビタミンやホルモンの代謝異常、細菌による感染症などが原因と言われています。

心当たりがある場合は、早めに皮膚科を受信しましょう。

フケが出るときは、一緒にかゆみが出ることが多いです。かゆみの原因としては、以下が考えられます。

・頭皮を不潔にしていることによる細菌繁殖
・頭皮を強く洗うことでかえって頭皮を傷つけている。さらに詰めの中の化膿菌、大腸菌が傷口から入り込んでしまっていることも
・髪の洗いすぎで皮脂が不足して乾燥している
・シャンプー剤やパーマ、カラー駅などヘアケア剤による刺激
・シラミなど寄生虫による感染

かゆみの原因は、フケの原因とかぶるところも多いですから、共通する部分を改善することで、かゆみもフケも、一気に改善する可能性があります。

毎日のケアが大事ですね。