うるおい、保湿抜群!?乾燥を防ぐ洗顔法とは?

乾燥が気になる冬だからこそ、洗顔の方法には気を付けたいです。

間違った洗顔方法を続けてしまうと、お肌のうるおい成分であるセラミドがどんどん失われて、乾燥が進んでしまいます。

セラミドというのはお肌の細胞の隙間を埋める「細胞間脂質」で、これがないと、いくらヒアルロン酸やコラーゲンを補給しても、お肌の水分が蒸発するのは止められません。

20代~30代で、セラミドを不足させて乾燥が進む一番大きな要因は、間違った洗顔方法と、スキンケア方法なのです。

うるおいを洗い流さない、うるおいキープのための洗顔方法についてご紹介します。

まずは、洗顔の前に、メイク落としをしないといけませんね。

オイルクレンジングはよく落ちるし、使いやすいですが、それだけ刺激も強いので、セラミドを落としすぎてしまうので要注意。

オイルクレンジングを使ったメイク落としの時間は、1分間にとどめましょう。

オイルクレンジングは、メイクと同じ成分である「油分」のセラミドを落とします。

だから、オイルクレンジングの「落とす力」は、メイクと共に、セラミドにもはたらいてしまいます。

なので、ポイントメイクの部分だけに使うようにしましょう。

オイルクレンジングを使う時は、落ちにくいメイクを、オイルでなじませるようにして洗うようにしましょう。

くれぐれもお肌をこすったりしてはいけません。

次に洗顔です。

洗顔のポイントは、泡立てと指先の軽いマッサージです。

洗顔は、約5分間で行うようにしましょう。

①洗顔料は、泡立てネットなどで、角がたつまで泡立てます。

泡が硬くなりすぎると、お肌になじみにくくなるので注意です。

②手のひらにたっぷりと泡を載せます。

あらかじめ湿らせておいた顔全体に、泡を広げます。このとき、お肌と手がくっつかないようにするのがポイント。

手ではなく、あくまで泡でお肌をマッサージします。

化粧汚れを泡になじませるようなイメージで、なじませていきます。

③体温よりもやや低いくらいのお湯で、泡を洗い流します。

32度~35度くらいが適温です。

お湯が熱すぎると、必要なセラミドまで洗い流してしまうので、温度が高すぎるのはいけません。

また、水だと、逆に毛穴が閉じて、汚れが取れなくなります。

すすぎをするとき、お肌を指で刺激しすぎないように注意しながら、洗い残しが無いように全体を洗います。

④ダブル洗顔でもう1度洗えると、なおよいです。

⑤タオルでふき取ります。

吸水性が良く、表面がザラザラしていないものを選びましょう。

ガーゼなど、繊維が細かくて、なめらかなものが、刺激が少なく、おすすめです。

⑥タオルで水分をふき取る時は、お肌をこすらず、水分だけをタオルに吸収させるようにして、やさしく押し当てましょう。

これが乾燥を防ぐ洗顔方法です。

続けていると、セラミドを残してお肌をキレイにしやすくなります。

ぜひやってみてくださいね。