乾燥肌におすすめの化粧水の選び方をご紹介します。

高保湿のセラミド配合化粧水を選ぼう

乾燥肌に一番おすすめなのが、高保湿成分であるセラミドを配合した化粧水です。

乾燥肌の場合、水分はもちろん、保湿成分を補うことも大切です。

セラミドの中では、成分表で、うしろに1、2、3、というように、数字がついた「ヒト型セラミド」を選びましょう。

お肌に優しいセラミドなのです。

軽度の乾燥なら保湿力と効果で選ぼう

セラミドは乾燥肌に効果的な成分ですが、お値段がちょっと高いです。

そこで、軽度の乾燥肌の場合は、セラミドの次に保湿力が高く価格もそれほど高くない成分である、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを含む化粧水が良いでしょう。

乾燥肌に刺激となる成分を避けよう

乾燥肌にはセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が有効です。

そうしたものを配合しているかをチェックする一方で、乾燥肌を引き起こしてしまいかねない「悪い成分」を含まないかどうかチェックすることも大切です。

少量なら問題はないのですが、配合量が多く、乾燥肌の症状が重いと、刺激になる可能性があります。

成分表の前から3つ以内に、こうした成分が書かれているときは、配合量が多いということですから、避けたほうが無難です。

乾燥肌が避けたい成分とは、「○○アルコール(もしくは○○エタノール)」。

多く含まれているものだと、塗布することで、水分まで奪ってしまいます。

また、香料も避けたいです。

精油や植物の名前に、「油」と表示が組み合わさっているものです。

ハーブや花の天然香料だと、一見お肌によさそうですが、複数入っていると、乾燥肌には刺激になることもあるのです。

また、ビタミンC誘導体もいけません。美容成分として知られている成分ではありますが、皮膚の抑制作用があるので、より乾燥する原因になってしまうのです。

着色料が入っていない化粧水を選ぶというのも基本です。

「敏感肌用」と書かれていても、乾燥肌の状態によっては合わないこともあります。

顔に使う前には、あらかじめ、腕の内側でパッチテストを行ってからにすると、安心です。

乾燥肌におすすめの化粧水をご紹介します。

アヤナス ローション コンセントレート(DECENCIA)

ポーラ・オルビスグループの敏感肌、乾燥肌専門のスキンケアブランド「ディセンシア」の化粧水です。

小さくて新党力の強いヒト型ナノセラミドを配合しているので、お肌奥深いところまで浸透して、うるおいを与えてくれます。

アスタリフト ローション(FUJIFILM)

3種類のコラーゲンとヒアルロン酸を配合しています。乾燥したお肌に内側からしっとりとうるおいを与えてくれます。

手でなじませるようにしてつけると、お肌に吸い付くようにしっとりするのが実感できますよ。

QuSomeローション (ビーグレン)

お肌の保湿成分である「セラミド」を増やしながら角質細胞を強化して、お肌をしっかり保湿してくれる化粧水です。

新党テクノロジー「Charged QuSome?(チャージド キューソーム)」を搭載しています。

これにより、浸透した保湿成分を長時間キープできるようになっています。