バストアップには成長ホルモンが不可欠!?

胸を大きくするためには、成長ホルモンを多く分泌させることが大切です。

バストアップで女性ホルモンがいいということはよく知られていますが、それともう1つ、成長ホルモンも、バストアップのためには欠かせないものです。

美肌やアンチエイジングにも、成長ホルモンの分泌量は関係しているんですね。

女性の美をキープさせるために、成長ホルモンはとても大事なのです。

バストアップのためには、ラクトゲン受容体が関係していると言われています。

ラクトゲン受容体は、成長期後に体内にできます。そのとき、成長ホルモンが多く分泌されていることが、バストアップに関係しているとされます。

そこで、30歳、40歳になり、胸が大きくなる女性は、ラクトゲン受容体ができて、成長ホルモンの分泌を促しているからなのではないか? と言われているのです。

成長ホルモンは、体の成長を促すホルモンです。

成長期といわれる13~17歳くらいに一番多く分泌されています。

成長期に多く分泌される成長ホルモンは、もちろん胸を大きくすることにも関係しています。

早い女性なら、小学生の高学年くらいから胸が膨らみ始めますよね。

これは、成長ホルモンの分泌が関係しているせいです。

バストアップのためには、成長ホルモンの促進と、ラクトゲン受容体という、バストを大きくする組織が必要です。

女性は成長期に乳腺の中にラクトゲン受容体ができます。

ラクトゲン受容体はバストアップさせる組織なのですが、実はまだ、医学的にあまり解明されていない部分も多いです。

また、ラクトゲン受容体自体は、女性全員にあるわけでもありません。

無い人もいます。

成長期を過ぎた20代、30代の女性でも、ラクトゲン受容体が成長することがあります。

これは、バストの遅い成長期、とでも言える状態です。

20代を過ぎてから胸が大きくなることは、多くの女性が体験していることです。

それは、20代を過ぎてから、ラクトゲン受容体が成長し、成長ホルモンが作用したためです。

成長ホルモン自体は、20歳前後から減少しています。

しかし分泌のピークを過ぎていても、成長ホルモンの分泌を促進させると、胸は大きくなるのです!

だから、バストアップには成長ホルモンが大事なのです。

成長ホルモンの分泌を促すには、質の良い睡眠をたっぷりとることです。軽い筋トレをしたり、エクササイズもよいでしょう。良質のアミノ酸を食事で摂るようにすると、成長ホルモンの材料が補給されて、促進されやすくなります。

成長ホルモンを促すためには、まず良い睡眠をとり、成長ホルモンを促すアミノ酸を食事でしっかり摂取する。

そしてエクササイズで刺激していくことが大切ということですね。

成長ホルモンを促して、健康的にバストアップを目指しましょう!

人は、女性は、そしてバストは、いつまでも成長するということですね!