精神の疲労を回復させる食べ物とは?

精神的に疲れてしまうことってありますよね。

そういうときは、まず、休息するのが大事。

それから精神の疲れを癒してくれる食べ物で栄養補給することも大事です。

精神の疲れに効く食べ物をご紹介します。

玉ねぎで疲労回復

玉ねぎに含まれる硫化アリルは、辛み成分の1つです。

精神を穏やかにしてくれるはたらきがあります。

精神的な疲れに、この硫化アリルは効果的とされます。

辛み成分というと、血液サラサラ効果が有名ですよね。

コレステロールを下げてくれたりします。

どちらかというと、アンチエイジングとか、生活習慣病予防の食べ物として有名な、玉ねぎの硫化アリルですが、精神的な疲れにも効果を発揮してくれるのです。

玉ねぎには、消化液の分泌を促進したり、ビタミンB1のはたらきを助けてくれたりもします。

豚肉と一緒に食べると効果的です。

ただ、加熱したり、水にさらしたりすると、効果が失われてしまうので、なるべく生の状態で食べるのが良いと言われています。

大豆で疲労回復

大豆に含まれるレシチンは、ストレス解消に効果があり、精神的な疲労があるときに効果的と言われています。

脳のはたらきを助ける作用があります。

大豆は「ブレインフード」とも呼ばれています。

コレステロールを運ぶという役割にも関係しています。

ビタミンEで余計なコレステロールのお掃除をして、レシチンで運び出す、という連係プレーをしています。

大豆にはイソフラボンというポリフェノールも含まれていて、抗酸化作用があることでも知られています。

イソフラボンは女性ホルモンと似たはたらきをするので、女性には嬉しい成分ですね。

マグネシウムが足りないと、体がだるくなりがちですが、そのだるさを緩和してくれるのも、大豆のはたらきの1つです。

大豆は普段から摂取することが多い食材だと思います。

効果を意識して、食事のなかにきちんと組み込んでいきたいですうね。

ナッツで疲労回復

ナッツ類には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

ビタミンB1やマグネシウムを豊富に含んでいます。

ビタミンE、エラグ酸などのポリフェノールも含んでいるので、抗酸化作用もあります。

疲労の元になるのは、なんといっても活性酸素によるところが大きいです。

その意味で、抗酸化作用のある、ナッツ類をはじめとした食べ物を食べるのは、疲労回復を考える上で大いに意味があります。

ナッツには、トリプトファンも多く含んでいます。

トリプトファンは、セロトニンやメラトニンのもとになり、精神的な安定をもたらす作用があります。

トリプトファンが不足すると、やる気が出なくなったりしがちですから、ナッツで上手に補給したいですね。

乳製品で疲労回復

乳製品には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれます。

カルシウムはイライラした気分をしずめてくれます。

また、筋肉の収縮にも作用していて、不足すると体が硬くなったり、疲労が倍増するなどの悪循環になりがちです。

乳製品でカルシウムを上手に摂取して、ストレスを緩和したいですね。