体の疲労を回復させる食べ物とは!?

夏の暑さや紫外線に浴び続けていたことで、あなたの体は疲労が溜まっています。

溜まった疲労は、どうやって気分転換していますか?

軽い運動をしたりするのも気分転換になって、疲労を回復させてくれるものですが、食べ物で疲労回復するというのも良い方法です。

食事から栄養を摂ると、軽く運動するのと同じくらい、疲労回復に役立ちます。

疲労した体は、体を回復させるもとになる栄養素を摂取しないと、回復することはできません。

疲労を回復するためには、栄養をきちんと補給して、しっかり睡眠し、適度に運動することが大切です。

豚肉で疲労回復

「疲れたな・・・」という体の疲労を感じたら、まず食べたいのが、豚肉です。

疲れたら豚肉を食べるようにしている、という人は多いです。

これは効果的なやり方で、豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれているので、炭水化物、つまり糖質をエネルギーに変えてくれるのです。

これが身体的な疲労回復に役立ちます。

ビタミンB1には、ストレスを減らすはたらきがあるとも言われています。

豚肉のビタミンB1は、牛肉に含まれるビタミンB1の10倍と言われています。

特にモモ、ロース、ヒレの部分に多く含まれています。

鶏肉で疲労回復

鶏肉には、タンパク質が多く含まれています。

これで、体をつくるもとになる、アミノ酸を補給できます。

肉体的ストレス、精神的ストレスが強いと、組織のダメージを修復するのに、よりたくさんのタンパク質が消費されます。

だから、鶏肉を意識的に摂取すると、回復に役立つのです。

疲労回復のためだけではなく、体を正しく機能させるために役立ってくれます。

また、鶏のむね肉にはイミダゾールジペプチドというたんぱく質が多く含まれていて、疲労回復に効果があります。

これは、回遊魚や渡り鳥が泳ぎ続けたり、飛び続けたりするのに必要な栄養と言われています。

人間が食べると、疲労を効果的に解消してパワフルな状態にしてくれるのです。

トマトで疲労回復

トマトは、疲労回復できる食べ物として知られています。

トマトに含まれるリコピンは、健康効果が高いとされます。

リコピンには高い抗酸化作用があり、疲労状態の体内にある活性酸素を除去するはたらきがあります。

活性酸素は過剰に増えると、老化を早めたり、病気を引き起こしたりするもとになるものです。

トマトには、リコピンのほかに、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、クエン酸などを含んでいます。

疲労のもとになる乳酸をおさえ、疲労回復を促進してくれます。

胃液の分泌を促進する効果があります。

食欲がないときは、トマトを食べるといいですね。

梅で疲労回復

梅にはクエン酸が豊富に含まれているので、疲労回復に役立ちます。

クエン酸は、体のエネルギーを作り出すクエン酸回路を活性化してくれます。

また、疲労物質の乳酸を分解します。

酸っぱいので酸性のイメージがありますが、摂取すると体をアルカリ性に近づけるはたらきがあります。

アルカリ性に傾くと、ヒトの体は疲労しにくくなるとされます。