炭酸水でお肌ケア!?

お肌がゴワついていると、化粧のノリが悪くなってしまいます。

お肌にうるおいが失われてしまっている状態なので、バリア機能が失われて、しみやしわができやすくなってしまいます。

9月のお肌は、夏の間、強い紫外線や暑さにさらされて、ダメージを負っています。

なにもケアをしないでいると、どんどん疲労が溜まって、老け顔が進行してしまいます!

夏のダメージをオフするためにも、ケアをして、お肌のゴワつきを解消しましょう。

お肌のゴワつきを解消する手段として、おすすめなのが、炭酸です。

炭酸パックとか、炭酸ケアというのが、ブームになっています。

炭酸は、お肌に当てると、肌が活性化します。

夏のダメージで疲れているお肌も、炭酸で刺激を与えれば、よみがえってくれますよ。

お肌のゴワつき対策に炭酸を使う、というケアは、とてもカンタンです。

スーパーマーケットで売られている炭酸水を使うだけで、できてしまいます。

たとえば、南アルプスの天然水の「Sparkling」は、手軽に使える炭酸水としておすすめです。

そのほか、どんな炭酸水でもいいのですが、ソーダではなく、砂糖の入っていない炭酸水を使うのがポイントです。

ペットボトルに入った炭酸水を入手しておいて、使うときに、それをお肌につけると良いですね。

いちど開けると、炭酸は抜けていってしまうので、500mlの小型の炭酸水を購入し、その都度開けて使うのがおすすめです。

お肌のゴワつき解消のために炭酸水を使う場合は、洗顔とそのあとのスキンケアの間に使うのが、効果的です。

洗顔をしたら、プレ化粧水として、炭酸水を顔やデコルテ、腕などに、コットンなどに含ませてつけましょう。

シュワシュワした炭酸の泡が、お肌の上ではじけていきます。

拭き取ったあとは、すっきりします。気持ちいいし、洗顔のあとのクールダウンになりますよ。

ゴワつき解消のプレ化粧水としての炭酸は、飲料用の炭酸水を使います。

だから、お肌につけても安心なのが、うれしいです。

使用感もいいですよ。炭酸水は100円程度で手に入るので、コスパもいいです。

夏の紫外線を浴びた、疲れたお肌に、炭酸の泡が良い刺激になるはずです。

炭酸水は、二の腕のブラッシュアップにもおすすめです。

二の腕は、夏の疲れが出やすい部分です。

ずっと外に出して、紫外線にあてていたので、カサカサしてしまいがちになるのです。

二の腕にブツブツができているときは、ゴシゴシこすったりつぶしたりしないようにしましょう。

その代り、炭酸水を含ませたコットンで、やさしく拭いてあげるようにしましょう。

お風呂のあとに、炭酸水でケアしたら、そのあとは、しっかり保湿を忘れずに。

乾燥したままでいると、ターンオーバーが乱れて、ゴワつき、ブツブツはさらにひどくなってしまいます。

べたつくからといって、保湿をおこたるのはいけませんよ。

お肌が乾燥していることで、べたついていることもあるのです。

おうちに帰ったら、顔と同じく、二の腕のケアも忘れないようにしましょうね。