ヨーグルトとコーヒーは肌にいい!?

エアコンの風や、紫外線により、9月のお肌はダメージを受けています。

お肌はゴワつきやすくなり、そのまま放置していると、しわやたるみの原因になってしまいます。

夏のダメージをオフするためにも、補修ケアをきちんと行っておきたいですね。

そんなときに、役立つのがヨーグルトです。

ヨーグルトには、AHA(アルファヒドロキシ酸)という乳酸が含まれています。

洗顔石けんを選んでいるときに、この文字を見かけたことがあるかもしれません。

AHAはピーリングできる成分です。

お肌のゴワつきを解消したいときにはぴったりなのです。

ヨーグルトは、食べるだけではなく、美容ケアとしても活用度が高いものなのです。

ヨーグルトを使ったゴワつき解消ケアの方法をご紹介します。

材料はヨーグルト、大さじ1杯です。

もし、あれば、ホワイトクレイを小さじ1、混ぜてください。

これを、目と口の周りに塗って、乾き始めたら水で洗い流すだけです。

これだけで、しっとりつやつやになれる、ヨーグルトパックができるんです。

ヨーグルトパックのいいところは、高額な化粧品を飼ったり、エステに通ったりしなくても、自宅の冷蔵庫に入れてある食品ですぐ、ケアができるというところです。

ただし、AHAが含まれているので、お肌が弱い人は、刺激が強すぎてしまうかもしれません。

念のため、二の腕の内側などに塗ってみて、肌荒れしないかどうか確かめてから顔パックするようにしましょう。

ゴワつきケアには、「コーヒーがら」も活用度が高いです。コーヒーがらは、消臭効果があるとして、注目されていますよね。

実は、これをお肌載せるパックにしても良いんですよ。

飲料に使うものなので、お肌にやさしいし、古い角質を上手に取ってくれます。

コーヒーがらに含まれるコーヒー酸で、肌に弾力を与えてくれます。

コーヒーパックを実践すれば、ゴワつきが解消されて、お肌がすべすべになってきますよ!

~コーヒーがらパックの作り方~

材料

コーヒーがら、はちみつ、ヨーグルト

作り方

①小さじ1のはちみつをボウルに入れて電子レンジで30秒温めます。

②よく乾かしたコーヒーがら大さじ7杯と大さじ1杯のヨーグルトを混ぜ合わせます。

③よく混ぜて、適温まで冷ましたら完成です。

~コーヒーがらの使い方~

①洗顔後、顔の水分をタオルで拭き取ったらブラシや手を使ってパックを顔全体にのばします。

②1~2分後にやさしくマッサージしましょう。

③そのまま10分ほどおきます。

④ぬるま湯でキレイに洗い流します。

コーヒーがらは、粒子が荒いので、無理なマッサージは行わないようにしましょう。

マッサージをするとき、ほとんど力を入れずに手を動かすようにしましょう。

そして、2分以内に終わらせます。

コーヒーがらは、お肌に残りやすいので、すすぎも丁寧に行いましょうね。

ピーリングだと、お肌が荒れてしまう・・・というときは、コーヒーがらパックがおすすめ。ゴワつき解消に効果的ですよ。