クリニックでほうれい線を治療するという選択

ほうれい線は、一度できてしまうと、なかなか消すことが難しいものです。

ほうれい線って、一度できてしまうと、すごく目立ちますよね。

あるだけで、見た目年齢がすごく上がってしまいます。

一刻も早く、消し去りたいものです。

ほうれい線を薄くするためのケア、栄養補給、マッサージやエクササイズをしてみて、それでも改善できない、すごく気になってしまうというのなら、美容治療を考えてみるのも良いかもしれません。

美容治療で、ほうれい線のメニューというのは、とても人気があります。

それだけほうれい線が女性のお悩みとして、大きなものだということですね。

クリニックのほうれい線治療には、いくつかの方法があります。

ほうれい線の原因は、お肌のたるみによるものです。そこで、たるみの改善を目的とした治療が効果的と言えます。

クリニックでは、ヒアルロン酸やボツリヌストキシン注入などのプチ整形や、すぐに絶大な効果が得られる治療まで、いろいろなメニューが存在しています。

美容治療で人気のほうれい線対策メニューについて、ご紹介します。

フェザーリフト

フェザーリフトというのは、特殊加工された溶ける糸を使って皮下組織を引き締めるという方法です。

生分解性プロラクトン製の糸を使用します。

最初は形があるものですが、時間が経つと、体に吸収されていきます。

糸のまわりには、コラーゲン生成が起こり、肌にハリが生まれるようになります。

そのときに気になるほうれい線はもちろんですが、そのあとのお肌のたるみにも、効果を出せる治療です。

この方法は、皮膚を切開する必要がないので、傷跡もほとんどありません。

プチ整形と呼ばれる方法です。糸はそのまま肌に吸収されてしまうので、肌への負担も少ないです。

フェザーリフトは、治療した直後は腫れがありますが、次の日には目立たなくなります。

内出血もほとんどありません。

まれに、腫れや内出血が出ることもありますが、メイクでカバーできる程度です。

ほとんどの場合、治療後すぐにメイクして帰ることができます。

直後は、メイクで隠せる程度の赤い点状の針跡が残りますが、数日間で目立たなくなります。

マッサージなどはせず、患部をそっとしておきましょう。

ヒアルロン酸注射

美容医療用のヒアルロン酸はいろいろありますが、人気があるのが「レスチレン」です。

非常に純度の高い、均質なヒアルロン酸として知られます。

持続性が高く、リフティング効果も高いのが特徴です。

ヒアルロン酸注射は、短時間で処理できて、効果をすぐに実感できるというのがメリットです。

ヒアルロン酸注入も、メスを使わないプチ整形に入ります。

ヒアルロン酸は、お肌となじみがよく、皮膚に直接注射するので、ダイレクトにほうれい線のある場所の溝を盛り上げることができます。

若々しい印象になり、継続することで効果も長持ちさせられます。

最後の一手として、ほうれい線対策の方法を考えてみてもいいかもしれませんね。