ほうれい線を消すには蒸しタオルが効果的!?

昼間はまだまだ暑さを感じても、朝晩はそろそろ、秋の気配を感じるようになったのではありませんか?

季節の変わり目は、肌状態の変わり目でもあります。

ただでさえ、お肌は夏の暑さでダメージを受けています。

この時期、ケアを怠ってしまうと、負担がどっと顔に現れてしまいます。

蒸しタオルでケアをして、顔の皮膚の「めぐり」を良くしておきたいですね。

秋の始まりのお肌は、夏の間の冷房による乾燥、紫外線ダメージにより、ターンオーバーが乱れてしまい、肌表面の角層が厚くなってしまっています。

だから、くすみができやすくなっています。

たるみも起こりやすくなります。

気温が急激に低下するので、お肌の血流が思った以上に悪くなっています。

古い角質が残ったままだと、たるみが起きて、ほうれい線になりやすいです。

早めに古い角質を取り、本格的な乾燥の季節が来る前に、ターンオーバーを活性化させておきたいです。

蒸しタオルを使うと、顔の血行を促進できます。

お肌をピンポイントで温めることができるので、血行促進、新陳代謝の活発化に役立つのです。

蒸しタオルから出る蒸気で、毛穴が開いて、角質が柔らかくほぐれていきます。

だから、クレンジング効果が高まるし、スキンケア化粧品も浸透しやすくなります。

~蒸しタオルの作り方~

①フェイスタオルを水で濡らし、固めに絞ります。

②ラップで包んで電子レンジで温めます。
目安は500wで30秒~1分程度。
お使いの電子レンジの機種によって、最適な温め時間は変わってきます。
まずはチンしてみて、時間を調節してみてください。

③電子レンジからタオルを取り出し、広げて少し冷まします。
すぐに顔に載せないようにしましょう。
敏感な腕の内側などに当てて、温度を確かめてから顔にのせます。
熱すぎず、気持ちいいと感じる程度の温度になったら、顔にのせます。

電子レンジから取り出してすぐは、タオルがとても熱くなっています。

触るときは、やけどに注意してください。

顔にのせる時間は30秒~1分程度。

タオルが冷たくなると逆効果になるので、適正な時間が過ぎたらすぐにとり外すようにしましょう。

蒸しタオルは、つける時間によっても、効果が変わってきます。

洗顔の前に蒸しタオルをのせると、毛穴が開いてメイク汚れや古い角質が浮き上がります。

洗顔の効果を高めたいときには、洗顔の前に蒸しタオルを使うのをおすすめします。

洗顔後に水気を取った肌に蒸しタオルをのせると、血行促進に役立ちます。

タオルを取って、温まっているうちに、化粧水や乳液で保湿するようにしましょう。

こうすると、蒸しタオルを使わないときよりも、血行が促進されます。

使ってみると、顔色が明るくなるのを感じるようになるはずですよ。

目の疲れもほうれい線のもとになります。

目が疲れているときは、顔全体ではなく、蒸しタオルを折りたたんで目元だけを覆うようにしてみましょう。

目元が温まって、血流が促進され、目のこりがほぐれてほうれい線予防になります。