ほうれい線ができる原因とは!?

ほうれい線は、小鼻から口角にかけてできる八の字のしわのことを言います。

30代を過ぎたころから気になり始めて、放っておくと、その線はどんどん深くなっていきます。

ほうれい線があるのとないのとでは、見た目のイメージが全く変わってしまいます。

ほうれい線ケアは、早めに始めるのに越したことはありません。

ほうれい線になりやすい原因を知って、予防しましょう。

ちなみに、ほうれい線には2種類あります。

1つ目は、しわのようになる「線」のほうれい線と、へこんでできる「くぼみ」のほうれい線です。

ほかにも、顔の筋肉が下がってできるもの、脂肪が下がってできるものがあります。

ほうれい線の原因は、以下が考えられます。

加齢とともに頬の筋肉が衰えてできてしまう

頬の脂肪が下に落ちることで、溝が深く、くっきりとした線で出てきます。

1日中、デスクワークしている人は注意。

筋肉が運動不足になり、はたらきがどんどん低下して行ってしまいます。

とくに、日ごろから表情が乏しい人は、頬も下がりやすくなるので注意です。

乾燥や紫外線

乾燥肌は、ほうれい線だけではなく、他の部分のしわの原因にもなってしまうので気をつけましょう。

しわの主な外的要因が、紫外線と乾燥です。

これはほうれい線にも言えるのです。

紫外線を浴びると、光老化が起きます。

乾燥や加齢によって、お肌にハリや弾力が失われると、しわができやすくなります。

肌が重力に逆らえなくなってしまうと、これもほうれい線の原因になります。

肌の弾力低下は、ほうれい線と切っても切れない関係なのです。

目が疲れている

目の下にたるみができてしまうと、これがほうれい線の原因になります。

たるみは、乾燥や加齢によるコラーゲン減少がまず思いつきますが、目の疲れによっても、たるみが引き起こされます。

パソコンやスマホの使い過ぎ、まばたきで目が疲れると、周辺の筋肉が緊張して、肩こりならぬ「目こり」の状態になります。

その「こり」が蓄積されると、目の筋肉と口の筋肉をつなぐ上唇挙筋が凝り固まって、ほうれい線となってしまいます。

喫煙

タバコを吸っていると、ほうれい線ができやすくなってしまうので注意ですよ!

タバコには、体内のビタミンCを破壊するという威力があります。

タバコを吸っていることにより、お肌はハリを保てなくなってしまいます。

喫煙による体への悪影響は、美肌への大きなダメージになることは、よく知られています。

ほうれい線にも、もちろん、ダメージを与えるのです。

最近では、女性よりも男性の方が、禁煙が進んでいると言われています。

ほうれい線を予防するためにも、健康のためにも、美容全体のためにも、女性には禁煙をもっと推進していただきたいものです。

タバコはお肌にとって、百害あって一利なしなのです。

キレイになりたいのなら、タバコは止めておきたいですね。

ほうれい線は、できてしまってからでは消すのは大変なので、できていないうちに予防するのが大切です!