チアシードは今や、健康食品としてすっかりおなじみになりましたね。

女性のキレイをサポートしてくれる、パワフルな食材です。

チアシードはもともと、古代マヤ・アステカでは、大切な食糧源だったそうです。

現代人が不足しやすい栄養素がたっぷり詰まったスーパーフード、それがチアシードなのです。

チアシードは、免疫を上げたり、骨粗しょう症の予防をしたり、心や頭の健康など、体全体をゲンキにする効果があります。

チアシードは、中央メキシコでは、紀元前1000年前くらいから主要農産物でした。

栽培は16世紀まで続いていましたが、スペインが占領したあとは、アステカの宗教と関連があるとして、禁止されました。

大さじ1杯程度のチアシードを食べれば、1日生きながらえることができる、という言い伝えがあります。

なんだか、ドラゴンボールの「仙豆」みたいですね!

アステカでは、戦士たちはチアシードをスタミナ源として活用していました。

薬用効果も期待されていたと言われます。

チアシードのすごいところは、調理の必要がなく、他の食材と混ぜるだけでカンタンに使えるという点です。

水分を含むと、チアシードの周りがゼリー状になるという特徴があります。

チアシード大さじ1に含まれる栄養は、タンパク質2g、食物繊維4.1g、カルシウム76mg、マグネシウム40mg、亜鉛0.55g、鉄分0.93mg、オメガ3脂肪酸2.14gです。カロリーは58キロカロリーです。

ここから、以下のことが分かります。

チアシードは食物繊維が豊富

食物繊維が4.1gも含むのがすごいです。

玄米は0.5g、大豆には2.2gしか含まれていないのに、4.1gも含まれているのはすごい。

食物繊維は、便秘を解消したり、血糖値の変化をゆるやかにしたり、コレステロールを改善したりする役割などがあります。

チアシードはオメガ3脂肪酸が豊富

オメガ3脂肪酸は、心臓の健康だけではなく、心や頭の健康にも大切です。

チアシードはオメガ3脂肪酸を2.14g含みます。

オメガ3脂肪酸が豊富なことで知られるクルミを同じカロリーだけ食べても、0.8mgしかありません。

チアシードはカルシウムが豊富

カルシウムの摂取量は、男女ともに大きく推奨量を下回っています。

カルシウムが不足すると、骨粗しょう症につながるほか、認知障害や高血圧などを引き起こすおそれがあります。

チアシードには、カルシウムが76mg含まれています。

牛乳に含まれるは96mg、チーズには110mgのカルシウムが含まれていて、含有量の多い乳製品に比べると少し少ないです。

でも、植物性食品の中ではチアシードのカルシウム含有量はダントツです。

チアシードは鉄分が豊富

鉄分も、男女ともに含有量が不足しています。

鉄分不足になると、貧血のほか、免疫が低下したり、疲れやすくなります。

鉄分が多いことで知られる牛レバーやほうれん草よりも、チアシードは同じグラム数から比較した含有量で優っています。

いろいろな栄養素を豊富に含むチアシードは意識して摂取したい食品ですね。