お酢の力で汗のニオイを消臭

お酢は健康に良いことがよく知られています。お酢独特の、ツンとしたニオイは、いかにも消臭に効きそうですよね。

このお酢のパワーを、汗のニオイ対策にも活用することができます。

お酢のキツいニオイが汗に効く、というのは、不思議に思うかもしれません。

でもお酢には、汗のニオイを抑制する効果もあるのです。

お酢が汗のニオイに効く理由は、汗のニオイの原因である、お肌の上で繁殖した雑菌の繁殖を抑えてくれるからです。

ニオイが強くなるのは、乳酸のせいでもありますが、お酢に含まれるクエン酸が、この乳酸の発生も抑えてくれるのです。

お酢を使った汗のニオイ対策の方法についてご紹介します。

湯船のお湯に、約150ミリリットルのお酢を入れて、いつものように浸かるようにしましょう。

入浴中についた汗腺に、お酢の成分が浸透していきます。

これで、汗のニオイを抑える効果を抑える効果が期待できます。

この方法でお酢を使うほかに、黒酢などを薄めて飲むことでも、体の中から汗のニオイを抑えることができます。

ヘルシーなお酢で、汗のニオイを撃退できたら、嬉しいですよね。

自然に近い成分でニオイ対策をする、という意味では、ミョウバンを使った汗のニオイ対策もおすすめです。

ミョウバンは、ナスの漬物の色を良くするのに使われたりする、食品添加物です。

ミョウバンには、そうした食品添加物としての役割意外に、体臭を消す効果もあります。

~ミョウバンが体のニオイ対策に効果的な理由~

菌の発生を抑える

体臭、わきのニオイは、バクテリアなどの雑菌が、汗などの分泌物を分解することによって発生します。

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。

これで、雑菌の繁殖を抑制し、ニオイを抑えてくれるのです。

汗が出るのを抑える

ミョウバンには、ニオイの元となる汗が出るのをおさえる作用があると言われています。

ニオイのもとになる、そもそもの発汗を抑えることができれば、ニオイ対策はより進みやすくなりますね。

ただ、どうしてミョウバンに汗を抑える効果があるのか、その詳しいメカニズムは解明されていません。

ニオイが出るのを抑える

汗をかいて、そこで雑菌が繁殖すると、悪臭を放って、それが汗やワキのニオイになります。

ミョウバンには、その、肌の上で繁殖した雑菌が出す殺菌を消す作用があります。

ニオイの原因である汗の成分は、アルカリ性です。

酸性のミョウバンと化学反応することにより、ニオイを中和して、消臭することができます。

ミョウバンと強く反応して、ニオイを消すことができるのです。

ミョウバンを消臭のために使う場合、スーパーマーケットやドラッグストアでミョウバンを買って来て、水に溶かして、自分でつくることもできます。

そのほか、「デオドラント」から、ミョウバンを成分として配合した「ミョウバン石けんEX」「ミョウバンスプレーEX」が販売されています。

ペパーミントの香がする、半透明の石けんです。こうしたものを使うのも良いかもしれませんね。