アロマで汗のニオイを防ぐ

汗をたくさんかく季節は、とかくニオイが気になるものですね。

電車の中やエレベーターの中などで、一緒にいる人のニオイが気になることってありますよね。

同じことを自分もしていたら・・・と青くなります。

雨の日など、湿度の多い日ほど、ニオイが発生しやすくなるので要注意です!

ドラッグストアに行くと、制汗剤やデオドラント商品がいろいろ置いてあります。

これらを見ればよく分かりますが、人に不快感を与えないためには、良い香りというのが欠かせないものです。

さわやかなミントの香りとか、レモンの香りとかの制汗剤をよくみかけますよね。

そこで、エッセンシャルオイルの良い香りを使う、という方法があります。

汗のニオイが気になるからと、香水などのきつい、人工的な香りでマスキングするのは、根本的な解決とは言えません。

それに付ける量を間違えると、かえって印象を悪くしてしまいます。

汗のニオイと混ざってしまうと、合成の香りの場合、フカイな香りになってしまうことも多いものです。

その点、エッセンシャルオイルなら安心です。

エッセンシャルオイルはかつて、薬だった時代があります。

その効果や効能は、期待できるのではないでしょうか。

お肌への作用を考えれば、夏の汗による皮膚トラブルの緩和にも役立ちそうですね。

エッセンシャルオイルは、リラックス効果も高いです。

暑さによるイライラを軽減することもできるので、おすすめです。

リラクゼーションがほしいな、と思ったら、エッセンシャルオイルを使うようにすると良いですね。

汗自体にはニオイがありません。

汗の不快なニオイは、皮膚にある常在菌が影響しています。

そこで、抗菌アロマが効果を発揮します!

植物は、生き抜くために、抗菌物質を持っています。

そのパワーが強いアロマを、エッセンシャルオイルとして、使えば、常在菌のはたらきを上手に抑えることができるのです。

そして、お肌を清潔に保てるようになります。

抗菌効果にすぐれたエッセンシャルオイルは、ペパーミント、ラベンダー、ティートゥリーなどが代表的です。

これらのエッセンシャルオイルを使って、ボディミストをつくる方法をご紹介します。

~抗菌アロマボディミストの作り方~

材料

・ラベンダーのフローラルウォーター20m
l・上記のエッセンシャルオイルのどれか1滴

作り方

スプレー容器にフローラルウォーターを入れて、エッセンシャルオイルを1滴たらしましょう。

よく振ってかき混ぜます。

これで完成です。

汗をかいた部分にたっぷり吹き付けて、化粧水のようにパッティングしましょう。

水分が多いので、すぐには吸収されませんが、それで大丈夫でしょう。

浮いている水分は、タオルでふきとりましょう。

残った分が、ゆっくりとお肌から吸収されます。

携帯できる容器に抗菌アロマボディミストを入れて、持ち歩いて、汗をかいたなと思ったら、その部分に吹き付けるようにしましょう。