気になる汗のニオイはどうして起きる?

暑い時期って、汗のニオイが気になってしまいますよね。

9月に入ったとはいえ、まだまだ暑い日が続きます。

知らないうちにニオイがしてしまって、周りの人たちに迷惑がられていた・・・なんてことのないように、ニオイ対策はきちんとしておきたいですね。

汗のニオイもそうですが、脇汗も気になるところです。

気になるワキのニオイ、脇汗について、ケア方法を考えていきましょう。わきの下のニオイや、脇汗の原因には、以下が考えられます。

体質遺伝

ストレスや不安などの精神的に不安定な状態

偏った食生活

たばこやカフェインなど刺激物を摂っている

普段汗をかかない

暑いときに汗をかくとき、普通は無臭です。

体質遺伝を除いて、このような生活を送っているのなら、習慣を見直すことで、改善されることが多いのです。

汗はエクリン腺というところから分泌され、肌の外に出てきます。

この汗の成分は99%の水と、1%の塩分でできています。

この汗が、皮脂を取り込むと、雑菌が繁殖して汗のニオイが発生します。

日常生活の改善をすることで、雑菌の繁殖を抑えやすくなります。

実際に汗をかいてから、細菌に分解され、ニオイが生まれるまでは、2時間と言われています。

ということは、その2時間が経つ前に汗を拭いてしまえば、ニオイ対策はカンペキです!

でも、目に見えない少量の汗は、必ずかいているものですよね。

下の2つのポイントを意識して、ケアしていきましょう。

①こまめに汗をふく

これ、基本の基本です。

そしてここさえクリアしておけば、最終的に細菌が繁殖してしまうのを、水際でくいとめることができます。

人が1日にかく汗の量はおよそ1リットルと言われています。

汗をかいたと感じていないときでも、そんなにたくさんの量の汗をかいているのです。

汗はかくもの、という前提をふまえた上で、じゃあその汗をかいたら、どう雑菌を増やさないようにするのか、を考えるのが大事です。

そのために、消毒アルコールをしみこませたコットンで拭くとか、シャワーを浴びて、皮膚を清潔案状態に保つことが大切です。

最近では、除菌もしてくれる使い捨てのシートが販売されていますよね。

こういうものを活用しましょう。

鞄の中に入れて持ち歩いて、いつでも汗を拭きとれるようにしておきたいですね。

②通気性・吸収性の良い下着を身に着ける

汗をかいたり、ムレてしまいがちな下着。

ここが、一番雑菌の繁殖しやすい場所です。

ポリエステル繊維でつくられている下着をつけていると、通気性が悪いので、どうしてもニオイが出やすくなってしまいます。

メッシュや綿素材の下着を使うようにすると良いですね。

また、袖のある綿のシャツをインナーとして着ると、汗を吸収してくれるので、これもニオイ対策に役立ちます。

それでも心配な場合は、服につける汗わき用のパッドを併用してもいいですね。

毎日のケアが、汗のニオイ対策には大切です。