ぐっすり眠りながら痩せる方法とは?

これまでいろいろなダイエット法を試しているけれども、まったく効果がない・・・とお悩みの肩、もしかしたら、睡眠がそのダイエットの妨げになっているのかもしれませんよ。

食事や運動に気を使っても、なかなか体重が減らない、という場合は、睡眠を見直してみると、効果があるかもしれませんよ。

ダイエットを成功させるためには、食事と運動に気を使うことはもちろん、睡眠のバランスを考えることも、重要になってきます。

ダイエットの効率を上げる睡眠の方法をマスターしましょう。

実践して行けば、ただ眠っている間に、ダイエットできる、ステキな状態に近づけるんですよ!

まずは、あなたの睡眠の状態をチェックしてみましょう。

下の中で、当てはまるものがあるかどうか、確認してみてください。

・睡眠時間は7時間以上取っている
・布団に入るとすぐ眠ってしまう
・一度寝付くと朝までぐっすり眠れる
・多少の音では目が覚めない
・寝起きは良いほうだ
・朝から食欲がある
・昼間はほとんど眠くならない
・休みの日も、平日と同じ時間帯に寝起きしている
・寝室は静かで快適だ
・枕やシーツ、パジャマはリラックスできるものを選んでいる

これらの中で、チェックした項目が多ければ多いほど、あなたの睡眠の質は高いです。

反対に、チェックした項目がほとんどない、という場合は、睡眠の質が悪くなっている可能性があります。

これらの項目にもっと当てはまるように、睡眠習慣を変えていきましょう。

良い睡眠をとれるようになるコツをご紹介します。

・夕食を寝る時間の3時間前にすませる

胃腸には、腹時計と言われる体内時計があります。

お腹いっぱいになると眠くなるのは、この腹時計のなせるわざです。

でも、質の良い睡眠をとろうと思ったら、ある程度、胃腸の働きが落ち着くことが大切です。

そのためにも、寝る時間の3時間前には、食事をすませておきたいのです。

・夕食を2回に分けて食べる

晩ご飯から寝るまでの時間がとれない、というとき、夕方におにぎりなど、手軽に食べられるものを食べておくのも、良い睡眠に役立ちます。

まずは夕方におにぎりを食べ、帰宅してから2回目の夕食をとります。

2回の食事で夕食1回分と考えて、カロリーをコントロールすることも忘れずに。

・小腹が減ったら、軽いものを少しだけ食べる

寝る前に空腹を感じることって、ありますよね。

そういうときには、ラーメンが食べたいとか、チョコレートを食べたいとか。

そういうとき、5分間だけ、「本当に○○が食べたいのか?」と自分に問いかけてみてください。

あるいは、気を紛らわせるために、ストレッチをしたり、読書をしたり、SNSをチェックしてみるのも良いでしょう。

どうしても食べることしか考えられないときは、お茶や水を飲んでもいいでしょう。

あるいは、キュウリをかじったりする、というような、カロリーが少ない食べ物でとりあえず、お腹を満たすというのも良いですね。

それでもだめなら、うどんなどの炭水化物を少しだけ食べるようにしましょう。