ストレスを感じたときの3つの速攻解消法とは!?

ストレスが溜まってきたとき、すぐできる対処法を知っていると、知らない人に比べて生きていくのがずっとラクになります。

生きていく以上、ストレスをゼロにすることはできませんから、上手く付き合っていくようにするのです。

発想の転換です。

ストレスが溜まってきたなと感じたらすぐ試せる対処法をご紹介します。

失敗を受け入れる

仕事で失敗したとき、「どうして失敗したのだろう」「どうして同じミスを繰り返してしまうんだろう」と自分を責めたりしたらいけません。

向上心を持つことは大切ですが、いつも自分を責めてばかりいたら、自分がかわいそうですよ。ときには、自分をいたわってあげましょう。

失敗してストレスを感じたら、そのストレスを消化する方法を考えてみるのです。

「失敗したけど、いいじゃないか。誰だって失敗はする。次に頑張ればいい」と思うようにするのです。

このマインドセットがあると、たまったストレスを発散できなくても、自分の中で消化できます。そういった考え方もときには必要です。

完璧を求めない

なんにせよ人は、「これはこうであらねばならない」という固定観念にとらわれてしまいがちです。

そういうとき、ああすればよかった、と悔やむのではなく、こうなったのも仕方がないことなんだったと、自己弁護してみてください。

自分が悪いと思ってしまうのはいけません。自分は悪くない、と、自分を守ってあげましょう。

そうすることで、ストレスを消化できます。

いらただしい思いも、自分の中におさめることができます。

もちろん、自分をいつも肯定してばかりいるのは独善的です。

しかし、ときには、自分を守ってあげる、自分の味方になってあげることも大切なのです。

ポジティブにとらえる

ストレスが溜まっているとき、アルコールで解消しようと浴びるようにお酒を飲むのはいけませんよ。

体に負担がかかるし、それでストレスが解消できるものでもないからです。

その前に、何ができるか考えます。

ストレスというのは、負の感情を起こしやすいものです。

そういう感情にとらわれているなと気づいたら、いったん気持ちを切り替えましょう。ポジティブになるのです。

なんで上手くいかないんだろうと考えるのではなく、こうすれば上手くいくかもしれないと考える。

別の方法を考えて、それでおおむね満足できればいいじゃないか、と考えるのです。

そういう風に考えると、ストレスが消化されて行きます。

意識の切り替えができると、ストレスと上手に付き合えるようになりますよ。

ストレスが溜まっていると感じたとき、発散するか、それができなければ消化するほうに持って行くことで、必要以上にストレスを溜め込みにくくなります。

ストレスは避けては通れないものだからこそ、上手に付き合うことが大事なのですね!