人間関係にまつわる3つのストレス発散法

現代社会に生きる以上、ストレスというのは溜まりやすいものです。

いろいろな原因があるでしょう。

会社の上下関係で気を使ったり、仕事量が多くて過労だったり。

相手に言いたいことがいえずに、それがストレスになっているということもあります。

ストレスを抱える原因は人によってさまざま。

それぞれで対処法も違います。溜め込まないで、早めに発散するようにしましょう。

人間関係にまつわるストレスには、以下の3つが代表的と言えるかもしれません。

①自分の性格に起因する:自分の性格による
②環境や相手の言動に起因する:仕事内容、騒音、借金、責任の重圧など
③緊張やプレッシャーに起因する:乗り越えられれば消える

①自分の性格に起因する:自分の性格による

ある程度の年齢になってしまうと、自分の性格を変えたくてもなかなか変えられないものです。

でも、その自分の性格が原因でストレスをためているということを、自覚しているかどうかも、ストレスをためこむかどうかのポイントだったりします。

例えば、はっきり言えない自分が原因で悩んでいるとき。

相手を傷つけずに自分の意思を伝える方法を考え、少しずつ試していくという方法で解消可能です。

慣れてくると、ガマンせずに上手く伝えられるようになります。

自分に原因があるということは、自分が迂回方法をとればいいだけなので、ある意味一番簡単です。

なぜ他のやり方を試せないのか。それは、見栄だったり、個人的感情に凝り固まっていたりするだけということもよくあるものです。

そういうことを、「まあ、こっちでもいいじゃないか」と思えるようになると、楽になるはずですよ。

②環境や相手の言動に起因する:仕事内容、騒音、借金、責任の重圧など

これは、環境や相手ありきなので、やっかいなように見えますが、実は、解消するのはそう難しくありません。

相手は変わらなくても、自分のものの見方変えればいいのです。

小さなことでイライラしないようにするとか、相手と張り合わないようにする、あるいは受け流す。

引っ越したりして自分の環境を変えるなどして、自分が動くことで解消できることも多いです。

自分を物わかりのいい人だと周りに思われたいと考えないことです。

いい人になろうとすると、それだけガマンというストレスが蓄積されていきます。

③緊張やプレッシャーに起因する:乗り越えられれば消える

ストレスは、なれけばないにこしたことはありませんが、生きているだけで必要な側面もあります。

ストレスが無ければ、乗り越えようとして自分が成長することもありません。

緊張やプレッシャーによるストレスは、成長のチャンスだと考えることで、ずっと楽になるはずです。

こういう状況はたびたび訪れるものですから、「これを乗り越えたら自分は成長できる」と考え、いったん受け止めて真剣に挑んでみるのもいいかもしれませんよ。