ストレスとなる3つの生活習慣とは!?

ストレスを感じたら、その原因はどこにあるのか、考えてみることが大事です。

ストレスというと、なんとなく人間関係にあるような気がしますが、それ以外にもストレスの源というものはあるものです。

自分のストレスの源を知らないと、改善できませんよね。

やってみましょう。

睡眠不足によるストレス

あなたのストレスは、睡眠不足によるのかもしれません。

毎日しっかり眠れていないと、それでストレスを感じてしまうものです。

仕事付き合いが多いと、どうしても睡眠時間は削られてしまいます。

そして睡眠不足になって、ストレスになってしまうのです。

睡眠不足になると、ストレスが生まれるだけではなく、そのストレスが蓄積されてしまうかもしれません。

溜まったストレスというのは、普通、眠っている間に解消されるものです。

しかし、睡眠時間が不足していると、正常にストレス解消できなくなります。

睡眠不足が不足すると、発生し、発散されないストレスがどんどん溜まっていきます。

ストレスは蓄積されると、体に変調をきたします。

病気のもとになります。

自分のストレスは睡眠不足にある、と思ったときは、早めにベッドに入れるようにしましょう!

運動不足によるストレス

あるいは、運動不足によりストレスが生まれているのかもしれません。

人間が健康的な生活を送るうえで、適度な運動は欠かせません。

体を動かさない生活を続けていると、ストレスが生まれるものです。

デスクワークをずっと行って、体を動かさないと、体がなまったような、いやな感じがしますよね?

あれはいけません。ストレスになります。

毎日適度な運動を心がけるようにしましょう。

ただし、運動が苦手であるにもかかわらず、ウエイトリフティングやランニングなどの激しい運動を突然始めてしまうと、逆にそれがストレスになってしまうおそれがあります。

無理をせず、楽しく続けられる運動をしましょう。

歩く時間を増やしてウォーキングする、というでもいいですね。

軽い運動を短時間やるだけでも、運動不足って解消されるものです。

添加物の摂取によるストレス

添加物の摂取でストレスが生まれます。

食品添加物の多い食品だったり、空気汚染だったり、こういった、体に有害なものは、食べているときはあまり感じなくても、知らず知らずのうちに溜まっていくと、ストレスとなります。

食品添加物や空気汚染は、精神的ストレス以外に、健康被害をもたらすため、二重に厄介です。

できるだけ、食品添加物の摂取を控えたり、空気の悪いところにマスクなしでいたりすることのないようにすると、ストレスをためにくくなります。

こうした環境にある、と思い当たる方は、いますぐ改善しましょう。

疲労によるストレス

家事や育児で疲れていると、疲れてストレスがたまりやすくなります。

疲労がたまると、同時にストレスが生まれやすいからです。

ストレスが溜まると、病気を引き起こしてしまいます。

疲れているなと感じたら、休みの日は何もしないでゆっくりする時間をつくるなど、疲れをためこまないようにしましょう。