血液をサラサラにする生活習慣とは!?

血液がドロドロの状態だと、全身の細胞に、酸素や栄養が行き届かず、免疫力が低下してしまいます。

生活習慣病を発症するリスクが高まります。

その意味でも、血液サラサラになるように心がけることは大切です。

血液をサラサラにするには、食事と運動を改善するというのがまずあります。

それから、サプリメントや健康食品の力を借りて血液サラサラにするという方法もあります。

血液をサラサラにするには、気が向いた時だけ、血液をサラサラにする食べ物を食べたり、運動したりするだけではダメです。

日常的に食事と運動に気遣うようにしないといけません。

規則正しい生活、アルコールの過剰摂取を控えることなど、生活面全体で配慮する必要があります。

血液をサラサラにするための食事とは?

血液をサラサラにするために、食生活は重要です。

毎日の食事で、血液をサラサラにする食材を選び、調理法をとるようにしましょう。

血液をサラサラにする食品には、お茶、魚、海藻、押す、キノコ類、野菜、納豆などがあります。

食事のメニューを考えるときには、これらの食材を中心にして組み立てるようにしましょう。

それが血液サラサラへの近道です。

血液サラサラにするためには、まず食事に注意することが基本ですが、必要に応じてサプリメントの力を借りてもよいでしょう。

血液をサラサラにするための適度な運動とは?

過食して、脂肪が蓄積されてしまうと、血液はドロドロになります。

そこで必要なのが運動です。

運動すると、血液をサラサラにしやすくなります。

激しい運動をする必要はありません。

ウォーキングや水泳、散歩などの有酸素運動により、脂肪は燃焼し、さらに筋肉がつくので、脂肪が燃焼しやすい体質になれます。

腹筋や腕立て伏せ、スクワットなどをすると、基礎代謝を高めるのに役立ちます。

基礎代謝が高まると、何もしなくてもカロリーが消費されやすくなるので、血中の脂肪を減らしやすいのです。

ストレスがあると、血管や自律神経にダメージを与えてしまいます。

これが血液をドロドロにします。

ストレスをためないようにして、リラックスしたり、趣味に打ち込んだりして、ストレスを解消することも、血液サラサラのための有効な手段です。

血液サラサラのためには青魚に含まれるDHAとEPA、そして納豆に含まれるナットウキナーゼがよいと言われています。

でも、毎日毎日、納豆と青魚ばかり食べるのはつらいものです。

そこで、サプリメントを摂取することで、ムリすることなく、血液サラサラのための成分を摂取することができます。

血液をサラサラにすることを目的としたDHA、EPA、ナットウキナーゼを抽出したサプリメントはいろいろ売られていますので、必要に応じて試してみましょう。