ダイエット茶の本当の魅力とは?

ダイエット茶は、ムリな食事制限や激しい運動をすることなくダイエットできるのが魅力的です。

お茶には有効成分が含まれています。

糖質や脂質を抑制する作用のあるお茶を飲むことで、太りにくい体質をつくりやすくなります。

ダイエットはそもそも、食品です。

薬ではありません。

なので、飲んだらすぐにヤセる、というわけでもないということも知っておく必要があります。

また、ダイエットの効果を感じるためには、毎日続けて飲むことがとても大事になります。

そのためには、目的に合ったダイエット茶を選ぶこと、また、自分が飲んでおいしく思えるお茶を選ぶことが大切になります。

いくら巷で効くと言われているダイエットティーだって、まずかったら毎日飲みたいと思いませんものね。

ここでご紹介するダイエットティーを試してみて、「これなら毎日飲める」と思うものを見つけてみましょう。

緑茶

緑茶は日本人にとってなじみが深い飲み物です。

緑茶にはカテキンというポリフェノールが含まれています。

カテキンは糖分を分解する酵素と結びついて、吸収を抑制してくれます。

カテキンは、腸内の善玉菌のみを殺菌するはたらきもあるので、ビフィズス菌など、善玉菌を活性化して、整腸作用をもたらしてくれます。

また、緑茶に含まれるカフェインは、脂肪を燃えやすくする作用があります。

同じ運動量でも、緑茶を飲んでから運動したほうが、消費カロリーは増えると言われています。

カテキンは、高い温度で淹れたほうが、たくさん抽出できます。

だから、水出しではなく、熱湯で淹れたほうがいいですよ。

習慣的に飲むことが大切です。

一度にたくさん飲むのではなく、食事のとき、おやつタイムなど、飲み物がほしくなったときに、ちょこちょこ飲むようにしましょう。

ウコン茶

ウコンの色素成分である「クルクミン」は、胆汁の分泌を活性化させてくれます。

血中脂肪の濃度を減らして、コレステロールの減少にも、期待ができます。

胆汁には脂肪分解作用もあるので、ダイエットに効果的ですよ。

ウコンのクルクミンは、肝機能回復作用があることでよく知られています。

飲みすぎの人は、ダイエットのためだけではなく肝臓保護のためにも、ウコン茶を飲むといいですよ。

ゴーヤ茶

ゴーヤの種には、「共役リノレン酸」という成分が豊富に含まれています。

体内に取り入れるとこれが「共役リノール酸」という成分に変わります。

「共役リノール酸」は、体脂肪の燃焼を促進する効果があり、ダイエットに効果が期待できます。

ゴーヤはビタミンCや食物繊維も豊富なので、美肌効果も期待できます。

また、整腸作用もあります。

つまり、お通じを良くしたいときにも効くというわけですね。

ダイエットティーは、続けて飲むことが大事です。

ゴーヤ茶は、ちょっとクセがあるので、飲みにくいと感じる方もいるかもしれません。

逆にこういう味が好きという人もいそう。

自分の好みに合ったお茶を選びましょう。