お通じに効くダイエットティーとは?

ダイエットの目的はいろいろですね。

体の中の不要なものを排出させてヤセたい、という場合は、お通じを改善させるはたらきのあるダイエットティーがおすすめ。

お茶のパワーで、「出す」力がサポートされます。

お通じを改善してヤセを促すお茶として、ハブ茶と蓮葉茶がおすすめです。

ハブ茶

中国では「決明子(ケツメイシ)」と呼ばれているお茶です。

古くから、漢方薬として親しまれてきたお茶です。

中国では、ケツメイシは疲れ目によく効くと言われています。

眼精疲労など、目のトラブルに効果的なのです。

頭を冷ます作用もあって、頭痛やめまいなどをしずめてくれる作用もあります。

漢方薬って感じですね。

肝心のお通じ改善ですが、穏やかに腸を潤して、お通じを促してくれる作用があります。

センナや大黄のような強い作用はありませんが、穏やかに、でも効くな、という感じでジワジワきます。

ハブ茶は、5分以上煎じると、効果が失われるので注意です。

蓮葉茶

蓮というと、日本では蓮の葉が有名ですが、この葉っぱである蓮葉は、ダイエットに効果があります。

蓮というのは、釈迦が座る聖なる植物です。

中国では、仏様のお花とされ、大事にされています。この蓮葉を煎じた蓮葉茶は、楊貴妃も好んで飲んでいたと言われています。

中国では「荷葉(カヨウ)」と呼ばれています。

蓮葉茶は、熱い環境の中で起きる頭痛、のどの渇き、熱射病に効果があるとされます。

血流を改善するので、デトックス効果が高いです。

カフェインを含まないお茶なので、いつでも、だれでも、好きなときに飲めるお茶です。

美容とダイエットのためのお茶ですね。

デトックスというか、脂肪を体外に排出させてくれるお茶としておすすめなのが、ウーロン茶です。

それも、温かいウーロン茶が、ダイエットにはおすすめです。

ウーロン茶

ウーロン茶には、食べた脂肪を体外に排出する作用があると言われています。

肥満を防止する効果があるとされます。

脂肪の代謝を促す作用もあります。

ダイエットをするときは、ぜひ飲みたいお茶ですね。

脂っこい料理を食べたあと、ウーロン茶を飲むと、胃の中がさっぱりとして胸焼けしにくくなるものです。

飲み会だとか、焼き肉の食べ放題に行ったときなどは、ウーロン茶を一緒にオーダーするといいかもしれませんね。

ウーロン茶は、冷たくしてもおいしいですが、ダイエットを気にするのなら、温かいウーロン茶がおすすめです。

脂肪を溶かしやすくするためです。

カロリーがないし、手軽に飲めるお茶は、ダイエットのときこそたくさん活用したいです。

食事のときは、お通じを改善してくれるお茶と一緒に飲むようにすると、腸を刺激しやすくなりますね。