お肌がツルツルになるコラーゲンたっぷりの鍋とは?

寒い季節は、もつ鍋でコラーゲンをたっぷり摂取しましょう。

レタスと一緒に煮込むというのがミソです。

レタスにはβカロテンが多く含まれています。

粘膜を強化し、風邪などの感染症を防ぐ効果が期待できます。

レタスを切ると、乳白色の液が出ますが、これラクッコピコリンという成分で、精神を安定させて、眠りを誘う成分です。

寒い冬の夕食をレタスもつ鍋にすると、ぐっすり眠れますよ。

レタスもつ鍋をつくるときは、レタスがしんなりしすぎないようにするのがポイントです。

なるべく大きめにちぎって入れるか、食べる分をその都度、鍋に入れて、食感が残っているうちに食べるといいですね。

材料(4人分)

もつ(下処理済でゆでたのもの)600g
レタス1玉
にら2束
もやし1袋
えのきたけ1袋
(煮汁)
・だし汁(昆布)6カップ
・鶏がらスープの素大さじ1
・にんにく(薄切り)4片分
・しょうが(千切り)1片分
・赤唐辛子(種を取って小口切り)1本分
・酒大さじ2
・みりん大さじ2
・しょうゆ大さじ4
すりごま(白)適量

作り方

①もつを熱湯でゆで、ざるにあげます。

大きい場合は食べやすく切ります。

②レタスを手で大きめにちぎります。

にらは4~5cmの大きさに切ります。

もやしやひげ根をとり、洗って水切りします。

えのきだけは石づきを取ってほぐします。

③鍋にだし汁を入れて火にかけます。

煮立ったら煮汁の材料をすべて入れます。

よく混ぜましょう。

①のもつを加えて少し火を落とします。

④③が再び煮立ったら、にら、もやし、えのきだけを入れて全体がしんなりしたら、レタスを加えてさっと全体を柔らかくします。

すりごまをかけて、いただきます。

もつ鍋は、コラーゲンたっぷりだし、おいしいし、美容効果もあるお鍋です。

もつというのは牛の小腸を使いますが、ウシの他の部位に比べると、だんとつでカロリーが低いという特徴もあります。

つまり、太りにくい。

100g辺りで見ると、カルビは450~500kcal、はらみが350kcal、タン270~340kalに対し、もつは150kcalです。

骨付き鶏肉を使ったコラーゲン鍋に比べると、各段にヘルシーになります。

ご紹介したレタスもつ鍋は、レタスのほかに、唐辛子ともやしを入れますが、これらの美容にいい成分がたっぷり入っています。

唐辛子はカプサイシンで脂肪燃焼効果、もやしにはビタミンCとレシチンが含まれています。

とくに、もつ鍋を食べるときは、ビタミンCの摂取は欠かせません。

ビタミンCには、コラーゲンを体内に吸収しやすくさせてくれるはたらきがあるからです。

唐辛子に入っているカプサイシンが、代謝を上げて、食べたものを消化しやすくなります。

たっぷり食べて、脂肪は体につきにくい、しかもコラーゲンでお肌つるつるということで、申し分のない美容食になります!