寒い夜にはコレ!?美容鍋で食も保湿も満たされる?

温かい食べ物がおいしい季節になってきました。

冬の食べ物と言えば、鍋ですね。

おいしいし、野菜がたくさんとれてヘルシー、しかもカンタンにつくれる料理なのがうれしいです。

お鍋は冬の定番メニューですが、最近では、寄せ鍋やキムチ鍋以外にも、いろいろな種類のお鍋が登場数量になってきました。

たとえば、豆乳鍋やトマト鍋、コラーゲン鍋などは女性に人気ですよね。

せっかく食べるのなら、おいしいだけではなく、美容にも効果的なものを食べたいものです。

美容鍋として人気の高い、2つのお鍋メニューの特徴、美容効果などをご紹介します。

コラーゲン鍋

コラーゲンと言えば美肌、美肌と言えばコラーゲン鍋です。

最近では、レストランでコラーゲンボールを鍋に入れるサービスなんかをみかけますよね。

コラーゲンは、細胞や組織を結合させるたんぱく質の1つで、皮下組織では、水分以外の実に70%がコラーゲンでできているんです。

お肌のハリを保たせてくれる成分です。

このコラーゲン、口から食べても、そのまま体に吸収されるわけではないんです。

これ、意外と知られていない事実です。

コラーゲンはたんぱく質なので、そのままの形では分子が大きすぎて、体内に吸収されません。

食べるとコラーゲンは、一度アミノ酸に分解されます。

アミノ酸として体内に吸収されてから、コラーゲンに再合成され、利用されるのです。

ただ、食べ物として摂った分量が、すべて体内の中でコラーゲンに再合成されるわけではありません。

そこで、コラーゲン鍋を食べるときにぜひ摂取を意識したいのが、ビタミンCです。

ビタミンCは、体内でコラーゲンを生成する時に必要になる成分です。

体内でコラーゲンはアミノ酸に分解され、酵素の力を借りて、体内でコラーゲンを作ります。

そのとき、ビタミンCがその酵素の働きを助ける役割を担っています。

体内でコラーゲンをスムーズに合成するために、コラーゲン鍋を食べるときは、ビタミンCが多い食材を一緒に食べると効果的になります。

ただ、ビタミンCはとてもこわれやすい成分。

鍋の具材と一緒に煮込んでしまうと、こわれてしまいます。

なので、鍋のたれをポン酢にしたりとか、しょうゆとレモン汁を足してみたり、あるいは食後のデザートにミカンなどのデザートとしてビタミンCを摂るようにすると良いでしょう。

トマト鍋

トマト鍋、流行ってますね。

トマト鍋をすると、シメをリゾットにできるのがおしゃれです。

意外に、トマトは鍋に合うんです。

トマトの栄養成分は、生で食べるよりも加熱したほうが効果が高くなります。

トマトの栄養成分というのは、βカロテンとリコピンです。

とくに、リコピンの効能はすごいです。

リコピンというのは、トマトに含まれる赤い色素。

βカロテンの2倍以上の抗酸化作用があると言われてます。

抗酸化物質にはさまざまな働きがありますが、アンチエイジング効果、紫外線からの肌のダメージを防いでくれる効果などがあります。

トマトのリコピンは、ビタミンEと一緒に取ると効果的です。

カボチャー、アボカド、ホウレンソウなどと一緒に食べるのがおすすめです。