美容オイルの使い分けをご紹介!

美容オイルを、美容液の代わりに使っている方は多いかもしれません。

もし使っていないのなら、化粧水、美容液、乳液という毎日のスキンケアの市顎に1、2滴のオイルを塗ってみましょう。

これだけで、お肌にバリアが張られたような状態がキープできるようになります。

オイリー肌の方の場合、顔にオイルを塗ることに抵抗があるかもしれません。

油分が元々あるのに、さらに油分を乗せると、ますますお肌がべたつきそうに思うのでそう。

しかし、だからといって、化粧水しか使わないというのも考えもの。

せめて、そのあとにオイルを1滴使うだけでも、お肌の保湿力が保持されて、過剰な皮脂分泌を抑えられるようになるんですよ。

オイルを直接お肌に載せることに抵抗があるのなら、化粧水や乳液に混ぜて使ってもいいかもしれません。

美容オイルをリキッドファンデーションに混ぜてつけると、メイクのもちがよくなります。

化粧直しのときに使うミストに混ぜるのも、化粧のノリをよくするのに効果的です。

美容オイルはつけるとお肌が柔らかくなるので、そのあとにつける化粧水や美容液の浸透を良くしたいときにおすすめです。

化粧水の前のブースター的な役割を果たしてくれます。

このように、いろいろな場面で美容オイルは使い勝手がいです。

お肌だけではなく、髪や爪など、体の他の部分にお使うことができます。

1本あると、いろいろなことに使えて便利です。

ちなみに、保湿をしようとして、お水をつけてしまうと、かえってお肌を乾燥させてしまいます。

なぜかというと、水は、湿度が高いところから低いところに移動するという性質があるからです。

濡れた洗濯物、水をはったバケツをおいておくと、お部屋の中が加湿されますね。

これも、この水の移動のメカニズムを利用しているわけです。

そこで、お肌を水につけても、同じことが起こるわけです。

お肌に水、化粧水でも水道水でも、ミネラルウォーターでも構いませんがとにかく水分をつけると、お肌は周りの空気よりも湿度が高くなります。

すると、お肌から周りの空気に、水分は移動してしまい、お肌は乾燥するのです。 

お風呂に入ると、お肌が乾燥するのがわかります。これは、こうした作用がはたらいているからなのです。

お肌が乾いているなと感じたら、水よりもまず、油分を与えるようにしましょう。

「洗顔後にすぐつける美容液」「洗顔後にすぐつける乳液」というものがブームになっています。

これは、乾燥肌の方で効果を実感される場合が多いです。

乾いているお肌は、水よりも保湿成分や油分を求めているため、こうしたケアは効果的です。

お肌の角質層には、もちろん水分も必要です。

でも、それはお肌にぴしゃぴしゃと水をかけることで、与えられるものではありません。

体内からお肌へと移行した、体内の水が蒸発しないように、肌の表面にバリアをつくらないといけないのです。

その作用ができるのが、乳液や美容オイルなどの油分なのです。