美容オイルは、万能スキンケア!?

女性たちの間で美容オイルがブームになっています。

美容オイルは、美容液としても使えるし、マッサージをするときにも使えて、さらにメイク直しのときにも使えるという、使い勝手の良さが受けているようです。

乾燥しがちなこの季節、美容オイルの力で、お肌にうるおいを与えたいですね。

スキンケアで、保湿をするというと、化粧水というイメージがあります。

しかし、化粧水だけでは、じゅうぶんに保湿をしているとは言えません。

お肌は角質細胞という細胞が、きっちり並んで構成されています。

その隙間を、細胞間脂質が埋めています。

角質細胞を守る役割があるので、細胞間脂質がもろい状態だと、保湿をしてもすぐに水分が蒸発してしまいます。

そうすると、いくら化粧水を塗って保湿しようとしても、どんどん蒸発して意味がない・・・という状態になってしまうのです。

細胞間脂質は、油分と相性がいいです。

なので、美容オイルを塗布すると、細胞間脂質の隅々までなじんでいくんですよ。

そうすると、細胞にうるおいのバリアができて、お肌のうるおいをキープしやすくなります。

オイルには、細胞間脂質の乱れをおさえる効果もあります。

乾燥肌の方はもちろん、オイリー肌の方でも、美容オイルを使うことで、過剰な皮脂の分泌を抑えて、肌質改善できることがあります。

美容オイルでよく知られているのは、ホホバオイルやアルガンオイルです。

この「ホホバ」「アルガン」というのは、木の名前です。

どちらのオイルも、植物の実から採れる油でつくられています。

そのほか、いろいろな植物から油を採ることができます。なので、いろいろな種類の美容オイルが存在しています。

植物によって、そこから作り出される美容オイルの性質、効果はさまざまです。

特徴を知って、上手に美容オイル選びをしたいですね。

ホホバオイルの特徴

ホホバオイルには、ワックスエステルという成分が含まれています。

これは、肌の角質層にも含まれています。

だからなじみがいいのです。

オイル特有のべたつき間がなく、さらりとしています。

マッサージをするときにもホホバオイルはおすすめ。

アルガンオイルの特徴

ホホバオイルよりも、テクスチャーが少し重めです。

ビタミンEが豊富に含まれているので、アンチエイジング効果が高いです。

体の酸化を抑えて、シミやしわのできにくい、若々しいお肌にしてくれます。

椿オイルの特徴

椿の実から採れる油です。

シャンプーにも使われている成分ですよね。

酸化しにくいオレイン酸をたっぷり含んでいます。

椿オイルは日本で昔から親しまれているオイルです。

スキンケアはもちろん、髪に塗布して、ヘアケアとしても使えます。

マカダミアナッツオイルの特徴

お肌への浸透率が高いです。

しっとりなじみやすいので、使いやすいです。

アンチエイジング成分であるパルミトレイン酸を多く含んでいます。

保湿しながらアンチエイジングしたいという方におすすめです。