下腹ダイエットに効くドローインダイエットのコツとは?

ドローインというのは、お腹をへこませるという動きのことです。

「内側に引っ張る」という意味であり、ドローインはインナーマッスルを内側に引っ張って、ウエストを引き締めてくれます。

お腹のポッコリに悩んでいる方は多いと思います。

お腹は脂肪が付きやすく、お腹周りの筋肉も意識しないとなかなか使われないので、たるんでしまいがちだからです。

でも、脂肪が多いということは、お腹周りは一番引っ込めやすい部位でもあるのです!

普段甘やかしている部位を刺激し、深層部の筋肉を鍛えることで、お腹の筋肉を使って、ペタンコお腹に近づけることができます。

それがドローインダイエットです。

ドローインをしていると、お腹は引っ込みますが、力を抜けると元に戻ります。

しかし、筋肉には、「形状記憶能力」というものがあります。

引っ張って固定していると、だんだんその形を覚えるようになっていきます。

筋肉が目覚めて、その位置にお腹を止めてくれます。

ドローインというのは元々、自分が持っているけれど、使っていなかった、怠けた筋肉を目覚めさせるという意味合いがあります。

もともとインナーマッスルがある人なら、1日で効果が表れます。

あまり無い人でも、3日くらい続ければ、お腹が引っ込んだと感じられるはずですよ。

筋肉は、目覚めると脂肪を燃焼させます。

エクササイズを毎日続けると、お腹周りの筋肉が休眠状態から通常の状態に戻り、脂肪を燃焼してくれるようになります。

~30秒ドローイン体操~

①背筋を伸ばす

②30秒間お腹を引っ込める

※中心となるおへそを背中にくっつけるようにして動かすことです。

童謡にあるように、「お腹と背中がくっつくぞ~♪」のイメージで引っ込ませます。

あまり動く習慣が無い人でも、筋肉はあります。

ただ眠っているだけです。

だから、続けていると、引っ込めやすくなります。

お腹をへこませると、内臓の位置が変化していきます。

普段は重力にひかれて、内臓が下がります。

しかしドローインすると、腹圧が変化して、上下方向に内臓が動きます。

横隔膜から肺にかけて、圧迫されるので、最初は呼吸しにくいと感じるかもしれません。

しかし、続けているうちに、内臓は本来あるべき一に戻っていきます。

形状記憶されていいます。

呼吸も楽にできるようになります。

慣れてくると、歩きながらなど、有酸素運動を組み合わせてできるようになります。

そうすると、より効果がたかくなります。

有酸素運動を組み合わせたドローインの消費カロリーは、40%上がると言われています。

30秒というのは、短いようでいて長いです。

これは、お腹を思いっきりへこませた状態で30秒キープするということです。

ただし、これはあくまでも、お腹の形を締まった状態で覚えさせるための時間です。

だから、必ずしも30秒ずっとやらないといけないわけではなく、これより短くても長くても大丈夫です。

「きつい、もうこれ以上は引っ込められない」という時間にプラス3秒で考えるのが目安です!