基礎代謝量をアップさせる内臓温め療法とは?

内臓が冷えていると、基礎代謝量が下がって、お腹がポッコリでやすくなります。

ダイエットをしているのになかなかお腹が引っ込んでくれない・・・とお悩みなら、それはもしかしたら内臓の冷えのせいなのかもしれませんよ。

内臓が冷えたままだと、ダイエットに弊害が起こるのはもちろん、美容や健康にも良くありません。

お腹を温め、基礎代謝を上げて、脂肪燃焼するお腹になりましょう!

お腹の冷えは、内臓を温めやすい高たんぱくで低カロリーなたんぱく質を多く摂取する、ということも有効ですが、日常生活全体での温めも効果的なのは言うまでもありません。

例えば、運動。

とはいっても、ジムに通って激しい運動をしなさいと言うわけではありません。

ウォーキングをしたり、夜寝る前にストレッチをしたり、ストレッチをしたりするだけで、内臓は温まってくれます。気づいた時に体を動かすようにすると、お腹を引っ込めやすくなりますよ。

お腹をマッサージしても、内臓を温めやすくなります。

とくに、おへその周りはリンパが多く集まっています。

よくもみほぐしてリンパの流れを改善することで、内臓が温まりやすくなりますよ。

お腹の温めにおすすめのマッサージ法をご紹介します。

~お腹温めマッサージ~

①仰向けになって両ひざを立てます。

②リラックスしましょう。

③その姿勢のまま、おへその右下に指を当て、小さく「の」の字を描きながら5回マッサージします。

④時計回りに、8~10か所、マッサージします。

⑤最後におへその右下から時計回りに大きく「の」の字を5回描きます。

このマッサージは、ベッドの上でも、お風呂の中で座った状態でもできますよ。

お腹を温める方法として、カイロを貼る、というやり方もあります。

体温が1度上がると、基礎代謝量は12%上がると言われています。

そのために、カイロを貼るといいのです。

カイロでお腹を温めるだけで、体温を上げられるので、ほかになにもせず、普段の生活をしているだけで、下半身ヤセができます!

痩せやすい体質に近づけてくれるのです。

カイロでお腹を温めると、内臓のはたらきがよくなります。

体温が上がり、代謝も上がり、脂肪燃焼しやすくなります。

ダイエットも効率よくなり、ペタンコのお腹にしやすくなります。

体があたためられることで、水分が排出されて、むくみ改善にも役立ちますよ。

下半身ヤセのためにお腹にカイロをはるときは、おへその下の下腹部に貼るのがおすすめ。

おへその下は「丹田」と呼ばれています。

精気が集まり、気力が充実するツボです。

ここを温めると、交感神経を刺激して、基礎代謝を高めることができます。

夜寝る前は、あまり温めて交感神経を活発化させてしまうと、夜眠れなくなるので、外しましょうね。

仙骨(お尻の割れ目の上部にある突起)の周辺に貼るのもよいでしょう。

仙骨を温めると、全身の血行が促進されます。

仙骨のまわりは脂肪の割合が低いです。

冷たい脂肪に邪魔されず、ダイレクトに体を温められるのです。