自律神経失調症も吐き気の原因なの?その意外な関係とは?

吐き気がすると、「食中毒かな・・・」とつい思ってしまいがちですが、自律神経の乱れが原因で吐き気が起きている場合があります。

私たちの体は、脳からの命令を伝え、外の情報を得るために、体の隅々まで神経がはりめぐらされています。

神経には手を動かしたり、温度を感じたりする「体性神経」と、体温調節や脈拍数調節などの体の調子を整える「自律神経」の2種類があります。

自律神経は交感神経と副交感神経とのバランスでできています。

交感神経というのは体をアクティブにしてくれる自律神経。

副交感神経というのは体をリラックスさせてくれる自律神経です。

これら2つの自律神経が、高くなったり低くなったりして、お互いのバランスをとっているのです。

ところが、自律神経のバランスが崩れると、いつも意識せずにとれている体のバランスが崩れて、吐き気や頭痛、冷え、下痢などの体の不調が起こってしまうのです。

自律神経のバランスが崩れると、自律神経失調症が起きます。

自律神経失調症は、体のバランスが崩れるため、いろいろな症状が現れます。

吐き気のほかに、頭痛や動悸、立ちくらみ、冷え、胃もたれ、便秘、下痢、のぼせなどの症状が現れます。

だから、「この症状が出るということは自律神経失調症だな」と診断できないわけです。

出てくる症状によってかかる診療科も変わってきます。

吐き気の場合は消化器科、めまいなら耳鼻科、頭痛なら脳神経外科・神経内科など、症状ごとに診療を受けないといけないのです。

自律神経失調症になる原因で一番多いのは、ストレスです。

肉体的疲労や、精神的なプレッシャーが考えられます。

現代社会は、ストレス社会であり、私たちはさまざまなストレスと戦っています。

多忙な仕事、職場の人間関係、将来の不安、家庭のトラブルなど・・・。

気が休まることがありませんね。

それに加えて、本人の性格も、影響してきます。

責任感が強かったり、まじめだったりすると、ストレスをため込みやすくなり、自律神経の不調をきたしやすいのです。

吐き気はするのだけれども、どうも食中毒が原因でなさそうだ・・・というときは、自律神経失調症を疑ってみると、改善に役立つかもしれません。

なお、自律神経失調症による吐き気の改善で一番役に立つのは、ストレスからの解放です。

気持ちをリフレッシュさせて、ストレスをコントロールできるようになると、改善されていきます。

逆に、ストレスをため込んだままでいると、症状がさらに悪化したり、さらに他の症状が引き起こされてしまったりします。

自律神経失調症の診断は難しいのですが、消去法で突き止めていくのが一番妥当といわれています。

病院では、吐き気などの症状がある場合、症状を全般的にヒアリングしながら、関連しそうな病気を5~10個想定し、可能性があると思った病名を、1つ1つ診察や検査で消していき、最終的に他がすべて消された時点で、自律神経失調症という診断がつきます。